メニューボタン
×

保育の未来予測
これからの保育・幼児教育

共働き世帯の増加で、保育士のニーズも急上昇。
こども分野は確かな安定性。

少子高齢化を迎えている日本の社会においても、女性の社会進出や核家族化、都市化により家族や地域だけでは社会性を身に付けることが難しくなり、特に保育所の需要が高まっています。こども教育には「こうしなければいけない」という答えはありません。これから保育や幼児教育を学ぶ皆さんには、私たちと一緒に「こどもの気持ちにどう寄り添えるか」を探していって欲しいと思います。

保育の未来予測

共働き世帯の増加に伴い、
保育所や託児所の需要が増加しています。

女性の社会進出や長引く経済不況を背景に、共働きを選択する世帯は増え続けています。2013年には共働き世帯は約60%になり、今後は保育所だけではなく、企業内託児所やチャイルドマインダーなど、こどもを安心して預けられる場所が必要になっていきます。

保育所や幼稚園、
さまざまな場所でいつもこどもたちのそばに寄り添う。

保育の専門知識+αの資格取得で
ますます広がる活躍のフィールド。

『保育士』の活躍の場は、「保育所」だけではありません。相手にする子どもの年齢も仕事内容も幅広いものです。保育の専門知識習得と資格取得のスキルアップで活躍のフィールドがますます広がります。

広がる活躍のフィールド

  • 従来の卒業後の
    就職イメージ

保育が必要な乳幼児のための施設

認定こども園

保育所と幼稚園の機能を持った施設

企業内託児所

会社内またはその近くに設置される従業員向けの託児施設

病院医療施設

病院で働く保育士は「病棟保育士」と呼ばれ、病児保育室や小児病棟でこどもの保育・生活サポートを担います。

社会的養護が必要なこどものための施設

乳児院児童養護施設 児童自立支援施設 児童家庭支援センター

様々な理由で家族と暮らせないこども、不良行為等で生活指導が必要な児童が入所・通所する施設

障害のあるこどものための施設

障がい児入所施設 児童発達支援センター

身体や精神に障がいを持つこどもたちを支援する施設

母とこどものための施設

母子生活支援施設

配偶者のいない母親とそのこどもが入所する施設

小学生等こどものための厚生施設

学童保育施設・学童クラブ 児童館

授業終了後や長期休み時、家庭に保護者がいない小学生が通う施設

その他

一般企業 スクール

こどもに関わる一般企業(アパレル・教育関係 他)
スクール(スイミング・英会話・塾 他)

資料請求フォーム
介護福祉士実務者研修
介護福祉士実務者研修 詳しくはこちら 介護福祉士実務者研修 募集要項請求 介護福祉士実務者研修 受験生ログイン

学科紹介