お知らせ お知らせ

【就職課の先生に聞いてみた!】就職・業界情報!

04就職・内定者情報

2016.02.18

 

こんにちは!

事務局の渡辺ですvirgo

いつもは『学スタの内定情報』についてご紹介していましたが!!

今日は【就職部長】の澤田先生にインタビューをしましたよflairflair

 

 

☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.

= 澤田先生に聞いてみた!就職状況・業界動向は? =

☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.   ゚+.☆ ☆゚+.   ゚+.☆☆゚+.

 

Q.就職課は学生にどんなサポートをしますか?

A.そうですね、例えば求人をいただいたものは各担任に求人票を配布して、卒年次のクラスに保管。誰でも閲覧が出来るようにしていますが、

「条件があまり変わらず、どの求人を受けていいかわからない」という学生も中にはいらっしゃいます。

そんな時、私たち教職員から学生とのマッチングを考え、勧めたりもしていますね。

学生の進路に向け、県内外から法人・企業の方々に就職ガイダンスを校内で開いていただくこともあります。

あとは面接の練習や進路の相談などを受けてサポートをさせていただいております。

 

 

Q.求人はどんなものがありますか?

A.初めから正規採用もありますし、非正規採用で、1年後に正規採用という形態のところもあったりと様々です。

特に保育士については後者のような形態が多いですが、正規であっても臨時であっても、待遇自体は大きく変わらないですね。(ボーナスは少し違うようですが)

NSGグループ法人に就職する学生もいます。

 

 

Q.内定している学生はどんな職種に就きますか?

A.そうですね、福祉系であれば介護職員や児童指導員、生活相談員、支援員、医療ソーシャルワーカー、こども系であれば保育園や幼稚園教諭、児童指導員、学童指導員、養護助教諭などあります。

 

 

Q.実際、一般企業に進む方はいますか?

A.ほとんどは専門分野での就職を希望している方が多いのですが、中には一般企業に進まれる方もいらっしゃいますね。

 

 

Q.学生たちは就職先をどのようにして決めていますか?

A.WMは圧倒的に“実習先への就職”が多いですね。実際に実習先の方から直接声をかけていただいた学生さんも多いです。

その実習先もオリエンテーションの時に『実家から最寄りがいいか』保育園なら『公立がいいか私立がいいか』など、学生の希望に合わせて実習先を確保できるよう実習担当の教員を中心にサポートをしております。

 

 

Q.現在の『福祉・教育・こども分野』の業界動向は?

A.この分野はやはり求人が伸びています。介護・福祉系ももちろんですが、保育士は全国的にみても不足しているので、圧倒的にニーズはありますね。

実際に、保育でいうと県内は幼稚園よりも保育園等の方が求人が多いです。

最近は“病児保育や児童指導員”としての就職も増えてきましたね。これまで社会福祉協議会が管轄していたところが変わり、多くの企業が運営をするようになったので、結果就職の間口が広がったのではないかと思います。

 

 

Q.ありがとうございました!では最後に先生から一言メッセージをお願いします!

A.では一つアドバイスを!進路について迷ったり悩むことがあれば、学校の先生に相談することをおすすめしますよ!実際に現場で働いてきた私たち教員からみた意見を聞くことも参考になるものがあると思います。ですからぜひ、活用してほしいですね。WMにはそれができる環境があるので、より学生さんに“マッチ”したところを探すお手伝いができると思います。

もし今、入学で悩んでいる方がいるなら、一人で悩まずに周りを頼って一歩前進していきましょう!

応援してますよ⊂(^^)⊃note

 

 

 

澤田先生、貴重なお話をありがとうございました\(^^)/shine

 

 

 

  • Tik Tok
  • LINE LINEで友達になろう!
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
このページのトップへ