お知らせ お知らせ

盲ろう者への理解のために

その他

2015.07.03

こんにちはsun

学生課のやべデスhappy01

今日は、介護福祉学科2年生の授業の様子をお伝えしますねpen

先日、手話の授業に、盲ろう者の方が特別に来校してくださいましたshineshineshine

 

盲ろう者とは、ヘレンケラーのように、目と耳の両方に、不自由を感じている方、障害のある方をそう呼んでいます。

 

見えない(見えにくい)、聞こえない(聞こえにくい)ために、人との会話が困難です。

それぞれに合ったコミュニケーション方法、手話、点字、指文字、音声、筆談などがあります。

全盲ろう(全く見えない聞こえない)の方は、『触手話』で会話します。

触手話とは手話の形を手で触って読み取ります。

ゆっくり、はっきりとした表現を心掛ける必要があります。

全盲難聴の方は、手話は見えませんが、補聴器のマイク(集音器)に向かって話すと会話ができます。

声の高低、強弱、速さなど、明瞭に話す十分な配慮が必要になります。

見える、見えないに関わらず、普段する会話を楽しみます。

学生は、性別、名前など自己紹介をしたそうですが、笑顔は先生に褒められる良いものでしたshine

 

当たり前に見え、聞こえることに感謝して、本当のやさしさを育んでいますconfident

 

  • Tik Tok
  • LINE LINEで友達になろう!
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
このページのトップへ