OPEN CAMPUS
6/22開催!

お知らせ

【卒業生インタビュー】関東で活躍している卒業生にインタビューしてきました!

00こども保育・教育分野

2023.06.21

 

社会福祉法人ChaCha Children & Co.

ChaCha Children Daikanyama 勤務 保育士

こども保育学科 保育士コース卒業

板垣 七菜子さん 新潟中央高校(新潟県)出身

 

今のお仕事について教えてください

1歳児クラス18人を4人で担当しながら保育をしています。

ここでは、主となる担当を一人決めるのではなく、みんなでしています。

例えば、週ごとに計画を立てる人が変わったり、日毎にクラスの主担当をする人が変わることで、フェアであることを大切にしています。ChaCha Children Daikanyamaでは子どもたちの興味・関心、子どもたちの意思を尊重する保育をしています。

保育分野を選んだきっかけを教えてください

こどもが好きという気持ちがあったことが第一です。

妹や弟のお世話をしているうちに、小さい子をお世話することが好きになったんだと思います。

保育士を明確に目指そうと思ったのは高校3年生の時期でした。

WMを選んだ理由を教えてください

WMが新しい校舎に移転する時期に進路研究をしていたので、新しい校舎で学べるという環境面で魅力的に感じました。

県内のいろんな学校にもオープンキャンパスに参加しましたが、WMが一番環境面が整っていると感じました。

駅から近くなったことで、通いやすくなったことも選んだポイントでした。実際に2年間通ってみて、通学が楽だなと感じていました。

最短で保育士の資格を取得したかったので、保育士コースを選びました。

お仕事のやりがいを教えてください

とにかく子どもたちが可愛いです!笑顔はもちろん、なんとも言えない良い表情をみることができると嬉しいです。

保育士が用意した環境や保育士との関わりで子どもたちの感情を動かすことができた時に保育士でよかったと感じます。

子どもたちの大切な時期を間近で保護者の方より長く関わることができる仕事は保育士しかありません。責任ももちろんありますが、それ以上にやりがいを感じることができるお仕事です。

なぜ関東で就職をしようと思ったのですか?

就職は新潟に拘らず、関東に出てもいいかなという意識は持っていました。ChaCha Children(現職場)の深い話を授業で聞く機会があり、この保育園のコンセプトに惹かれました。食育にも力を入れていて、給食が美味しそうなところにも魅力を感じました。園見学をZoomでさせていただき、働いている先輩がとてもイキイキと話してくれたことも好印象だったので、このように自分も働いてみたいなと思いました。

実際に関東で生活してみてどうですか?

どこに行っても新潟より人が多いことに最初は驚きましたが、地下鉄のおかげでどんなところにも行きやすいです。美味しいお店が多いところや、遊べるところが多いところも魅力ではありますが、新潟より物価が高いところが気になります。特に家賃は新潟の平均的な価格より2倍近く高いです(場所によりますが)。

職場が代官山なので、職場の近くでドラマの撮影があることにびっくりしました。最近では「王様に捧ぐ薬指」のドラマの撮影がありました。

WMの学校生活はどうでした?

2年間あっという間でしたが、学校生活は楽しかったです!

特に思い出に残っている学校行事がスポーツ合宿です。行事の中で山登りを経験しましたが、想像していたよりハードで衝撃でした。平らな靴で山登りに挑戦してしまい当時は後悔していました。友達と軍手を貸し合い、協力して難所をクリアし、頂上に到達できた時はみんなで喜び合いました。

 

将来の目標を教えてください

今年から後輩がつくようになり、先輩としての自覚ができました。

相手の立場に立って相手の気持ちや考えを想像できる(エンパシー)ようになっていきたいです。

フラットな関係性で働きたい人はぜひChaCha Children で一緒に働きましょう!

 

オープンキャンパス毎月開催中

 

 

【高校3年生向け】AOエントリーは6月1日から!

オープンキャンパスの参加者全員にAOエントリー資格付与!

WM進学者の90%以上がAO入試制度を利用!

AO入試制度はメリットがたくさん!

学校直行無料送迎バス運行!

遠くて大変、、交通手段が無いという方は、オススメです!

 

WMオープンキャンパス参加者サポート制度!!

交通費補助制度

【今だけ!全額交通費補助制度を使って進路研究のスタートダッシュを決めよう!】

2023年4月1日~7月1日までに行われるオープンキャンパスが対象。

※全額補助は期間中1回のみの適用となります。

※この期間中の2回目以降の参加は通常の交通費補助制度が適用となります。

新潟県内のサポート金額と対象エリア

▼対象となるJR駅

5,000円(上限) ⇒糸魚川

■4,000円(上限) ⇒上越妙高、新井、高田、直江津、越後湯沢、塩沢、六日町、浦佐

3,000円(上限) ⇒柿崎、柏崎、津南、十日町、小出、堀之内

2,000円(上限) ⇒長岡、見附、小千谷、村上

1,000円(上限) ⇒新発田、豊栄、中条、五泉、水原、新津、加茂、東三条、燕三条、寺泊、分水、吉田、巻

※場所によっては上限金額を越えないところもありますので、金額が変わらないこともあります。

※交通費は後日電子マネー(Amazonギフト)での補助となります。

※無料送迎バスを利用しない方が対象です。

※オープンキャンパス予約時の住所から 以下JR各駅のうち最寄りに該当する場所からの換算となります。

※保護者の方は公共の交通機関でご参加の場合のみ同伴の1名分まで補助対象となります。自家用車の場合は対象外となります。
佐渡市・新潟県外からご参加の方

交通費の片道分を補助します。

佐渡市から・・・5,000円まで

新潟県外から・・・10,000円まで

 

駐車場代補助制度

保護者の方と一緒にお車でご参加の場合は駐車場代(上限800円)を補助!

※駐車場代は当日現金にてお渡しいたします。

※新潟駅南キャンパス参加ご希望の方は、付近のコインパーキングが

混み合うためレクスン駐車場がオススメです。

校舎隣の駐車場は閉鎖中なのでご注意ください。

< 資料請求・各種申込はこちらから >

\各種SNSも随時更新中!/