OPEN CAMPUS
6/22開催!

お知らせ

【学生インタビュー】子どもたちの気持ちに寄り添い 信頼される職員になりたい!

00社会福祉・介護福祉分野

2024.01.18

☆学生インタビュー★

福祉心理学科

大川 千尋さん 新潟県柏崎総合高校

 

なぜWMを選びましたか?

WMのオープンキャンパスに参加した際に

先生方がとても親切に接してくださり、この学校なら普段の勉強や国家試験でも

一人ひとり親身になってサポートしてくださるだろうなと思い、WMに入学しました。

4年間で豊富な知識を得て立派な社会福祉士として活躍したいので4年制の福祉心理学科を選びました。

 

この職業を選んだきっかけ

友人の相談を受けることがよくあって、解決をして感謝されるのが嬉しく

この経験が将来の自分の職業につながると良いなと思った時に

見つけたのが社会福祉士という相談援助職でした。

 

WMのいいところ

先生と学生との距離が近く、勉強で分からないところがあっても先生がすぐに教えてくれます。

また、授業ではクラスメイトとのグループディスカッションが多いので

誰とでも仲良くなり、クラスメイトと互いに高め合いながら学びを深めることが出来ます。

 

WMだから学べるところ

WMの大学併修制度で社会福祉士の資格だけでなく

精神保健福祉士や新潟県内の専門学校で唯一目指せる

スクールソーシャルワーカーの資格取得が可能なところです。

勉強面はもちろんですが特に身についたのは協調性とコミュニケーション能力です。

クラスの仲間と気持ちを高め合いながら学ぶ事の大切さを学びました。

 

実習での先生方のサポート

私はスクールソーシャルワーカーを目指していて

実習先は児童福祉施設で学ばせていただきました。

 

児童発達支援での実習で子どもとの関わり方が分からず

「自分の声掛けで子供の機嫌を損ねてしまったらどうしよう」と声掛けを躊躇してしまう事がありました。

先生に相談した時に「実習は失敗を恐れずに挑戦してみる気持ちも大切だ」と助言してもらったことで

自分から一歩を踏み出さないと前に進めないんだと気づき、前向きな気持ちになりました。

 

検定取得について

今までに

福祉住環境コーディネーター
ケアコミュニケーション検定
Word検定
Excel検定

などたくさんの資格を取りました。

資格取得の時は先生が個人個人の学ぶスピードに合わせた学習方法を考えてくださったり

過去問を配布してくれたり手厚くサポートしてくださいました。

わからないところは時間を見つけて先生に積極的に質問したり、

放課後に時間をもらって教えていただきました。

先生方のサポートのおかげもあり、資格・検定試験合格に繋げることが出来ました!

 

検定取得で実習や試験勉強で活きていること

資格の取得のために学んだ知識は実習や試験勉強にも活きていて

福祉住環境コーディネーターでは学んだことが他の教科でも取り上げられていたり、

その内容が他の教科の試験にも出題されるので学んだだけで終わらず

試験勉強にも活かせて理解を深めることが出来ました。

 

ケアコミュニケーション検定では実習中の利用者様とのコミュニケーションをとるときに役立ちました。

アサーティブコミュニケーション(相手を尊重しながら自分の意見を伝えること)を用いることで信頼関係を築くことが出来ます。

ノンバーバルコミュニケーション(ジェスチャーなど)を用いることで

相手の会話に相槌を打ったり、笑顔で頷き返すことで安心感を持ってもらえます。

 

WordやExcelは実習の事前学習の時に自分で施設のことを調べてまとめたりするところで活きています。

実習では日誌を書く時に手書きではなくパソコンを使っての入力なので

基礎知識があるとないとでは入り方が違います。

 

将来の夢

私は資格を取ったら児童分野に就職を考えています。

児童分野には保育士や児童指導員などたくさんの専門職の人たちもいらっしゃるので

その方々が持つ視点も尊重して、利用者の気持ちに寄り添い

適切な支援で信頼される職員になりたいです!

 

 

< 資料請求・各種申込はこちらから >

【高校3年生向け】まだ間に合う!

 

【高校2年生向け】オープンキャンパスでAOエントリー資格をゲットしよう!

 

\各種SNSも随時更新中!/