国際こども・福祉カレッジとは | 新潟の保育・福祉専門学校 WM(ワム)国際こども・福祉カレッジ

国際こども・福祉カレッジ

NSGカレッジリーグ

国際こども・福祉カレッジとは

この体験量、WMだけ。

2021年、WMのテーマは『体験』

この体験量、WMだけ。

WMで過ごす2~4年間での体験量は、
全国トップクラス。
ここで得られる多くの体験が、保育・福祉・介護分野で活躍しようとするあなたにとって
大きな力になるはずです。

  • 春、入学式。新入生歓迎会。

    新2年生は初めて新たな仲間を迎え入れ、先輩になる。
    1年前の自分たちの気持ちを思い出し、寄り添い、
    精一杯の温かい気持ちで迎え入れる。
    どんな企画がいいだろう?どんな言葉、どんな表情、
    どんな態度で伝えよう?
    心の底から相手を思いやる、初めての体験。

  • 夏、大学園祭。課外授業。
    障がい者支援ボランティア。

    先輩・後輩との関わり合いの中で、
    コミュニケーション力を培う。
    後輩は先輩を見て学び、先輩は後輩に見られ、
    教え、成長する。
    尊敬する先輩に出会い、慕ってくれる後輩に出会い、
    互いにかけがえのない存在に。
    異学年とのつながりを学ぶ、重要な体験。

  • 秋、大運動会。

    姉妹校29校との超ビッグスケールな運動会。
    その規模なんと5000人。
    他校との合同チームで協力し各種目に挑戦。
    初めて会う5000人の仲間たちと、
    瞬時に協力・団結し、ひとつのゴールを目指す。
    他の学校では絶対できない、貴重な体験。

  • 冬、卒業制作発表会。卒業式。卒業パーティー。

    WMで一緒に過ごしたクラスメイトとの最後の時間。
    実習や試験など大変な時もお互いに励まし合い、
    慰め合い、認め合ってきた仲間たち。
    WMで学んだすべてを詰め込んだ卒業制作発表会。
    何度も話し合い、ぶつかり合い、支え合い、協力し、
    時に泣き、笑い。
    卒業後も支え合える、かけがえのない存在に。
    生涯忘れることのない、最高の体験。

授業で学ぶだけでは身につかない技術を、
ボランティアや実習で実際に体験。
知識を、現場で生かせるスキルに変える。

教科書には載っていない友達とのぶつかり合いや
認め合いを、
イベントや行事で体験。
自身の経験から、保育・福祉の現場で相手に寄り添うアドバイスができるようになる。

異学年とのチームプレーを、課外活動や
ボランティアで体験。
先生や先輩・後輩との関わりあいを通して、
幅広い年齢層の職場でも活躍できる協調性や
コミュニケーション力をつける。

人との関わりが重要な保育・福祉・介護業界では、
この体験が、
この体験を通して感じたすべてのことが、
必ずあなたの力になります。

そしてだれかの幸せを支えます。

情報公開

大学等における修学の支援に関する
 法律第7条第1項の確認に係る申請書

国際総合学園理事(役員)

NSG関連リンク

このページのトップへ